忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

登録


間違い.netに、サイト登録無料という項目があったのでクリックしてみました。すると、ワード・サイト登録という画面が表示され、登録する際の説明や注意が記載されていて、その下に入力フォームがあります。入力フォームの項目は、・間違いワード(リストを改行で区切ってください)、・正しいワード・サイト名、・登録者メールアドレス、・サイトURL、ご意見ご要望です。この中で入力必須項目は、間違いワード、正しいワード・サイト名、登録者メールアドレスです。注意事項によると、登録は間違い.net運営者のさじ加減ひとつで決まるそうです。
そりゃそうだ^^。ちゃんと審査してもらわないとね♪。注意3は重要ですよ。「アフィリエイトリンクが中心となっているサイトは登録できません」だそうです^^;。理由はなんだろう???。審査は通常1~2営業日での登録だそうです。これも大事。「登録後でも、運営者の判断で削除する」場合もあるそうですから^^;。

SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
PR