忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ステマ


先日に引き続き、篠原塾の情報です。篠原塾がいかに素晴らしいかを書き連ねているブログがありました。大人気のFC2ブログで情報発信をしていますね。このブログは、情報商材についてレビューを書いているブログのようです。このブログの数多くある記事の中に、篠原塾に関する記事がありました。記事のタイトルは、「篠原塾 詐欺 評価 レビュー」でした。なんと大胆な^^;。と思いましたが、記事タイトルに詐欺というキーワードを入れている割に、篠原塾に対して悪いことを書いているわけではないのです。
むしろ篠原塾の株を上げるような内容の記事なのです^^;。その記事へのコメントに、「ステマ乙w篠原塾関係者必至だよね」という書き込みが・・・。あーあ・・・、はっきり言っちゃったねぇ・・・と思いながらそのコメントを読みましたが(笑)。カテゴリが面白いのです。情報商材関連のカテゴリが並んでいるのに、篠原塾というカテゴリがあるのです。
篠原塾の記事は1つしかないのに・・・^^;。なぜか不自然だなぁ・・・とちょっと思いました。SEO関連のサイトにアクセスしたり、SEO関連の情報を取集するのは怖いですわ・・・。SEOのプロですから、言い方は悪いですが、騙されないように注意しなくてはならないので
SEO関連の人達が発信している情報は、出来るだけ鵜呑みにしないようにしています。読んでそのまま信用するのではなく、一歩引いたり、日にちを置いてから、もう一度同じ記事を読むようにしています。だってそのまま真っ向勝負したらこっちが負けてしまいますからね^^;。SEO関連の人達は情報操作はお手の物です。ですので、なるべく鵜呑みにしないようにしているというわけです。検索結果のランキングも、変えようと思えば変えることは彼らにとって朝飯前ですからね。発信されている情報をそのまま鵜呑みにすることは辞めた方がいいです。これは自分を守るためにもそうするべきです。

被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
新しい被リンクの評価安定に半年程。リンクエイジとビッグワード攻略
内部対策が不出来なら其の時点で負け「確定」。被リンク競走以前の問題
短期間結果が出てそれで終わるのが中小検索エンジン登録代行サービス
同じ記事群をPCサイトとスマホサイトで使い回すリスク、検索集客ゼロ
ペナルティ最も多いのは被リンク周り。コンテンツ周りもあるが少ない
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく
「検索順位が中々上がらない=激しい競争が存在している」。被リンク競走
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
検索エンジンの検索結果は力(ちから)で動く。玄人SEO業者がSERPs支配
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
PR

スパム


またっ!!!(笑)。次はメインブログに来ましたZE、スパムコメント(笑)。んもぉ、懲りないんだから(怒)。・・・今気付いたけど、WordPressのダッシュボードにさ、スパムって項目あるじゃん・・・。明らかにスパムコメントだってわかるんだから、WordPress側で振り分けてくれないかな・・・^;。普通のコメントだったらコメントに表示、スパムコメントだったらスパムに振り分けていただけるととっても助かるしありがたいのですがいかがでしょうかWordPress様(笑)。
もうね、英文のコメントはスパムコメントと決めつけることにしましたうちは笑。まだ2通しかスパムコメント受け取っていないくせに決めつけました(笑)。もういっそコメント欄閉鎖した方がいいだろうか・・・?とも考えています。SNSボタンを投入したことですし、アクセス解析ツールのリサーチアルチザンを見ても、検索エンジン経由でのアクセスは、メインブログ実験サイト共にないですから、コメントが入るわけがないのです。なので、コメントが入るとしたら、スパムコメントしかないというわけです(笑)。いや、笑い事じゃないんだけど、笑うしかないのですよっ^^;。メインブログのSNSボタンはdocomoの記事も0ゼロのままですので、アクセスがないことを物語っております(笑)。あ、実験サイトのSNSボタンどの記事も0ゼロのままづけどね(笑)。なぜかうちのメインブログと実験サイトはBingからの評価が高いので、Bing経由で検索する人が増えてくれるといいんだけどなぁ~♪(笑)。
Googleとyahoo!JAPANの実験サイトは壊滅状態です^^;。いつまでも圏外のままです。そして、被リンク獲得用のブログを作らなくてはならないのですが、サテライトサイトの方を作成しなくてはならなくなり、まだ作れておらず・・・。時期的にあと2つ3つサテライトサイトを作らなければならないのでいつになるんだぁ(涙)。

キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
SEO情報の大半は観念。「現実」に基づいたSEO対策情報のみ収集価値有り
「不動の1位表示」「不動の上位表示」は1年から2年程度で達成する事多し
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
毎月の被リンク対策効果の最大化に必要な「規模の最適化」という視点
風俗サイトやキャバクラサイトが弊SEO対策サービス利用する際の条件
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
SEO対策(被リンク対策)サービス利用開始の「タイミング」も極めて重要
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定

登録


間違い.netに、サイト登録無料という項目があったのでクリックしてみました。すると、ワード・サイト登録という画面が表示され、登録する際の説明や注意が記載されていて、その下に入力フォームがあります。入力フォームの項目は、・間違いワード(リストを改行で区切ってください)、・正しいワード・サイト名、・登録者メールアドレス、・サイトURL、ご意見ご要望です。この中で入力必須項目は、間違いワード、正しいワード・サイト名、登録者メールアドレスです。注意事項によると、登録は間違い.net運営者のさじ加減ひとつで決まるそうです。
そりゃそうだ^^。ちゃんと審査してもらわないとね♪。注意3は重要ですよ。「アフィリエイトリンクが中心となっているサイトは登録できません」だそうです^^;。理由はなんだろう???。審査は通常1~2営業日での登録だそうです。これも大事。「登録後でも、運営者の判断で削除する」場合もあるそうですから^^;。

SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
安い低価格SEO対策や激安被リンクサービスではSEO競争に勝てず敗ける
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
コンテンツ内の発リンクも「コンテンツの質」に影響。パンダアルゴ対策
1URL1キーワードで対策すると成功確率最も高く。2キーワードなら2URL
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
被リンクが認識されるとGoogleでは時間挟んで順位に反映、Bingは直ぐ
競争激しいキーワードほど上位表示に時間要するが対策すれば上がる
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換